【ジャンル別】断捨離で捨てるべきいらないものリスト

自宅に物があふれていると、本当に必要な物が保管できないかもしれませんよね。

そのため、断捨離を行い自宅にあるいらないものを処分することで、住環境をスッキリさせたいと考えている方もいるかと思います。

しかし、いざ処分するとなっても「どういう基準で捨てる物を選べば良いのだろう?」と悩む方も多いです。

この記事ではそのような方に向けて、ジャンル別に「断捨離で捨てるべきいらないものリスト」を作成しました。これを基準にして、ご自宅の断捨離をスムーズに進めていきましょう。

断捨離で捨てるべきいらないものリスト

断捨離で捨てるべきいらないものリストは、以下の通りです。自宅にこのような物がないかをチェックしていきましょう。

家具

ベッドやソファーなど、家具の中には大きなサイズのものも多いです。もちろん、すべてを断捨離すると生活に困ってしまいます。

ただし「今の自分の生活には合わない」という家具があれば、断捨離してスッキリさせましょう。

家具で断捨離すべきいらないものリストは、以下の通りです。

  • 体のサイズに合わないベッド
  • 大きすぎるソファー
  • 大量にある椅子
  • 大きい棚
  • 世帯人数に合わないテーブル
  • スペースを取る照明

家電

生活をする上で家電も必要です。しかし、長年使っていると劣化や故障は避けられません。そうした物を中心に、家電も断捨離しましょう。

家電で断捨離すべきいらないものリストは、以下の通りです。

  • 大きすぎる冷蔵庫
  • 旧式の電子レンジ
  • 吸引力の落ちた掃除機
  • もう聴かないラジオやラジカセ
  • なかなか温まらないアイロン
  • 大きい洗濯機
  • もう見ていないテレビ
  • 長年使ったコタツ
  • 汚れの溜まった扇風機
  • (あまり自炊をしないのであれば)炊飯器
  • (石油を使わないのであれば)石油ストーブ
  • (トースター機能付きの電子レンジを使っていれば)オーブントースター

衣類

衣類をたくさん持っていても、定期的に着る種類は自然と絞られてきます。そのため、あまり着ていない衣類を中心に断捨離しましょう。

衣類で断捨離すべきいらないものリストは、以下の通りです。

  • 虫食い状態の衣類
  • 臭いがしている衣類
  • サイズが合わない衣類
  • 好きではなくなったデザインの衣類
  • ヨレヨレになった衣類

雑貨

部屋のインテリアとして、ちょっとした雑貨を持っている方もいます。

こうした雑貨は少しだけなら良いのですが、気に入った物をどんどん買ってしまうと、いつの間にか幅を取ってしまうもの。オシャレも大切ですが、溜め込みすぎないようにしましょう。

雑貨で断捨離すべきいらないものリストは、以下の通りです。

  • すでに似ている物がある雑貨
  • 保管のために棚を丸々ひとつ占領してしまう雑貨
  • その場の勢いで買った雑貨

本も積み重なるとスペースを取ります。数によってはかなり重いため、適度に断捨離して溜め込まないことが大切です。

本で断捨離すべきいらないものリストは、以下の通りです。

  • 長い間読んでいない本
  • 使う機会がない辞典
  • 子どもの教科書
  • 変色した本

書類(保証書・レシート等)

家計簿や確定申告など、人によっては保証書やレシート等の書類を使う機会もあります。不動産や保険など、重要な契約に関する書類は保管しなければいけません。

すべてを処分する必要はありませんが、ある程度は整理をしないと溜まっていくばかりです。

書類で断捨離すべきいらないものリストは、以下の通りです。

  • 家計簿や確定申告など、必要なことを終えた後のレシート
  • 期限を過ぎている保証書
  • もう手元には無い家電などの保証書
  • すでに解除している契約に関する書類

思い出の品

持ち主の思い出が詰まった品物もあると思います。

その思い出の中身は、人によってそれぞれ。子どもからもらったプレゼントや昔好きだったアーティストのグッズ、両親の形見など、どれも捨てにくい物ばかりです。

そうした物は、無理に捨てる必要はありません。以下の基準に沿って考え、当てはまるようであれば整理の意味で処分しましょう。

  • 「過去の思い出に別れを告げて次に進みたい」と感じた
  • 「自分の心に一区切りをつけたい」と感じた
  • 思い出の品がスペースを取り過ぎてしまい、現時点で必要な物が保管できない

もらい物

思い出の品物と同じく、人からもらった物もなかなか捨てにくいですよね。しかし、こちらもずっと溜め込むわけにはいきません。

これも、以下の基準に沿って考え、捨てるかどうかを判断しましょう。

  • その物をくれた方と、疎遠になっている
  • しばらく保管しておいたが、結局使っていない

断捨離で捨てたら後悔するもの

断捨離であっても、すべての物を捨てるべきではありません。生活をする上で必要な物は残しておくべきです。

以下に該当する物もうっかり捨ててしまうと後悔するため、気をつけましょう。

売れるもの

不用品であっても、状態によっては売れることもあります。例えば、以下のような物です。

  • 状態が良くまだ使える家電
  • キレイに保管された本
  • 手入れがされている衣類
  • 傷や汚れがない雑貨類

これらは、不用品回収業者や古書店、フリマアプリ、リサイクルショップなどで買い取ってもらえる可能性があります。

少しでもお得に断捨離できるように、売れる物は売りましょう。

緊急時に必要になるもの

災害などの緊急事態はいつ発生するかわかりません。万が一そのような事態が発生したときに、手元に必要な備品がないと非常に困ります。

それも含めて「日常ではあまり使わないがいざというときに必要な物」を、確認しておきましょう。

  • 防災用品(ヘルメット、懐中電灯、予備電池etc)
  • 救急用品
  • 乾パンなどの食料
  • 飲料水
  • 喪服
  • 数珠

自分の好きなもの

自分が明確に「これは好き!」と思える物は捨てるべきではありません。

断捨離は、物を減らし自分の住環境を整えることを目的にしています。だからといって、自分が本当に好きな物まで捨ててしまっては、環境が整っても精神的には満足しません。

物を捨てることが目的になりすぎて、自分の好きな物まで失ってしまうことは避けましょう。

まとめて処分するなら不用品回収がおすすめ

断捨離をするためには、このようにさまざまなジャンルの物を処分しなければなりません。これだけ数があると、分別作業なども大変ですよね。

そのようなときは、不用品回収を活用することがオススメです。不用品回収業者に依頼することで、以下のようなメリットを受けられます。

  • ジャンル問わず、すべての物を回収してくれる
  • 自宅まで回収に来てくれる
  • 24時間対応している業者が多い
  • 自治体で回収できない物も対応してくれる
  • 大量の不用品でも回収できる
  • 不用品の状態によっては買取もしてくれる

断捨離のときにいらないものの数が多くなりそうであれば、不用品回収業者に依頼をするとスムーズです。まとめて回収してほしいときは検討しましょう。