東京で粗大ごみ持ち込みが無料の区はどこ?実質無料の処分方法も

粗大ごみを処分するために、自治体のサービスを活用する方も多いです。

しかし、自治体のサービスでは処理の際に費用がかかります。不用品回収業者に依頼しても同じです。

もう使わないものなので、できれば無料で処分したいですよね。この記事では、粗大ごみを持ち込むと無料で処分してくれる東京の区や、持ち込み以外で無料処分できる方法をご紹介します。

東京で粗大ごみの持ち込みが無料の区

持ち込みすることで粗大ごみの処分が無料になる東京の区は、以下の通りです。

~完全無料~
①足立区
持ち込みの3日前までに申し込みを行います。持ち込める回数は「年度につき2回まで」となっており、1回に持ち込めるのは「粗大ごみ10点まで」です。区民以外は持ち込みできません。

~一部無料~
①大田区
粗大ごみの品目によっては、費用が無料(あるいは減額)となります。持ち込める回数は「年度につき4回まで」となっており、1回に持ち込めるのは「粗大ごみ10点まで」です。申し込みは電話受付のみとなっています。

②江戸川区
粗大ごみ収集手数料が400円までであれば、持ち込みで無料になります。それ以上の手数料であれば、金額に応じて値引きされます。

持ち込める回数は「年度につき3回まで」となっており、1回に持ち込めるのは「粗大ごみ10点まで」です。

③港区
こちらも、粗大ごみ収集手数料が400円までであれば、持ち込みで無料になります。それ以降は手数料に応じての値引きです。毎週、日曜のみの受付となっています。

④葛飾区
粗大ごみ収集手数料が300円のものは、持ち込みで無料になります。持ち込める回数に制限はなく「年度内に粗大ごみ30点まで」持ち込み可能です。

東京で粗大ごみの持ち込みの対応状況

それでは、東京23区内で粗大ごみの持ち込みが可能な場所と、そうでないところをそれぞれご紹介します。

持ち込み可能な区に関しては、代表的な処理施設もご紹介しています。

持ち込み可能

地区住所
足立区白井運輸株式会社
(足立区鹿浜3-28-7)
板橋区西台粗大ごみセンター
(板橋区西台2-39-11)
江戸川区北部粗大ゴミ持込施設
(江戸川区篠崎町2-62-17)
大田区京浜島
(詳細な住所は申し込み時に教えてくれる)
葛飾区葛飾東粗大ごみ持込ステーション
(葛飾区東水元4-5-6)
品川区品川区資源化センター
(品川区八潮1-4-1)
杉並区環七通り沿いの堀ノ内地域
(詳細な住所は申し込み時に教えてくれる)
世田谷区船橋粗大ごみ中継所
(世田谷区船橋7-21-15)
練馬区練馬区資源循環センター
(練馬区谷原1-2-20)
港区芝浦清掃作業所
(港区港南3-1-18)

持ち込み不可能

  1. 新宿区
  2. 豊島区
  3. 中野区
  4. 渋谷区
  5. 千代田区
  6. 江東区
  7. 荒川区
  8. 北区
  9. 文京区
  10. 台東区
  11. 墨田区
  12. 中央区
  13. 目黒区

持ち込み以外で粗大ごみを無料で処分する方法

自分の住んでいる区が、粗大ごみの持ち込みに対応していれば活用しましょう。

もし持ち込みできない場合、以下の方法を検討することがオススメです。

①リサイクルショップで買取してもらう
状態にもよりますが、リサイクルショップで買取してもらえることがあります。費用をかけるのではなく、少しでも収入になるように考えても良いですね。

②知人や友人に譲る
まだ使えるものであれば、知人や友人に譲りましょう。友人同士のやり取りであれば、予約等の手間もないので気軽です。

③不用品回収で買い取ってもらう
不用品回収業者の中には、状態の良い粗大ごみであれば買い取ってくれるところもあります。

ただし「無料で回収します」という業者の中には、理由をつけて追加料金を請求してきたり、回収した粗大ごみを不法投棄したりするところもあるので要注意です。

必ず「一般廃棄物収集運搬許可」という資格を持っているか確認しておきましょう。