不用品回収の積み放題サービスとは?うまく活用する方法をご紹介

いざ、不用品などを捨てようと思ってもどう片付ければいいかわからない、量が多くてどこから手をつけたらいいか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

今回、この記事では、定額で不用品回収をしてくれる積み放題サービスについての紹介やうまく活用する方法を紹介します。不用品の片付けなどに困っている方は必見です。

不用品回収の積み放題サービスとは

不用品回収の積み放題サービスとは、事前に指定したトラックに、回収してもらう不用品を積みたいだけ積むことができる定額サービスです。

行政に依頼する場合は、指定の場所まで不用品を運び出す必要があり、さらに電化製品などは別窓口に依頼するため手間がかかります。


しかし、不用品回収業者の積み放題サービスを利用すれば、処分費用を抑えることができ、部屋から荷物を運ぶ手間も省くことが可能です。

尚、積み放題で利用できるトラックは以下になります。

  • 軽トラック 一人暮らし、ワンルームの片付けにおすすめ 約15,000円
  • 1.5tトラック 1DK・1LDKの片付けにおすすめ 約35,000円
  • 2tトラック 2DK・2LDKの片付けにおすすめ 約54,000円
  • 4tトラック それ以上に片付けたい場合におすすめ 業者との相談により決定

不用品回収の積み放題うまく活用するには

不用品回収の積み放題サービスについては理解できたでしょうか。次は不用品回収の積み放題をうまく活用するためのコツについて紹介します。

細々とした大量のものを処分する

積み放題を利用するときは、細々とした大量のものを回収してもらうようにしましょう。もちろん、大型家電や大型家具の回収もしてくれますが、大きいものばかりを詰めてしまうと、すぐに一杯になってしまう可能性も。

この場合、単品で回収してもらった方が安くなることが多いです。せっかく、部屋を綺麗にしようと、積み放題を利用しても大型家電や家具だけを出すと、片付けきれなくて損してしまいますよね。

そのため、積み放題を利用するときは細々としたものを、たくさん回収してもらうようにしましょう。

自分では分別をしない

不用品回収の詰め放題サービスを利用するときは、自分でゴミの分別をしないようにしましょう。なぜなら、不用品回収業者に依頼をすれば、見積もりの段階で詰め込むものがわかっているため、細かな分別をする必要がないからです。


不用品回収の詰め放題サービスは定額利用なので、分別していようが、していなくても、料金は同じ。それなら、わざわざ自分で分別する手間をかけたくないですよね。

分別作業も費用に入っているため、当日、作業スタッフに回収してもらうだけ。そのため、分別の判断が難しい家電や家具であっても、自分で判断する必要はありません。

時間にも余裕ができるため、負担が軽くなりますね。

できるだけ短時間で回収してもらう

不用品を回収してもらうなら、できるだけ短時間で作業が終わる業者を選びましょう。こちらは各業者のスケジュール次第ではありますが、場合によっては見積もりから即日対応してもらうことも可能です。

また、時間の短縮を最優先に考えている場合は、持ち出しから詰め込みまで全てスタッフに任せるようにしましょう。詰め込みを自分で行うタイプのサービスもありますが、素人が行うと壁や床を傷つけてしまったり、時間がかかってしまいます。

不用品を回収してもらうなら、早くしてもらいたいですよね。そのため、自分で詰め込みを行うタイプではなく、全て業者に任せるようにしましょう。

不用品回収の積み放題の注意点

不用品回収の積み放題サービスの活用法について紹介をしました。次は、積み放題を利用する上での注意点について詳しく見ていきましょう。

スペースを作らない

積み放題プランを利用するときは、とにかくスペースを作らないことが大事です。
先ほど、積み放題で利用できるトラックの種類について紹介をしました。中には「余裕を持ちたいから大きめのトラックで依頼をしよう」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、それは非常にもったいないです。何故なら、積み放題サービスを利用して不用品を回収してもらい、トラックに空きスペースがあったとしても値引きしてもらえないからです。

不用品回収業者も人件費、車両費など、積み放題プランとしての料金を出しているため、値引きすることができません。

そのため、スペースが空いてしまうと、詰め放題プランはお得なプランとは言えなくなるでしょう。

高さの規定も事前に確認する

積み放題プランを利用するときは、高さの規定も事前に確認する必要があります。何故なら、道路交通法で高さや幅に規定があって、それを超えてしまった場合は、回収を断れるケースもあるからです。

長さ・高さ・幅は「最大積載寸法」と呼ばれており、高さは地上から25mまでと決められています。これを超えてしまっても、警察に届け出れば、一定の長さまでは許可してもらえます。しかし、その分、時間がかかってしまうため、即日対応は難しくなります。

不用品の中で長いものや高いものを回収してもらおうと考えている場合は、事前に回収業者に対応ができるか確認してみましょう。

また、軽トラックで回収依頼をする場合は、最大積載量が350kgと決められているため、こちらも注意してください。

東京のおすすめ不用品回収業者はこちら