後悔してからじゃ遅い!不用品回収で起こり得るトラブルの例

不用品回収では、自宅にあるほとんどの品物を回収してくれます。そのため、引っ越しや大掃除のときなど、一気に物を減らしたいときに便利です。

この不用品回収業者はいくつもありますが、すべてが良い業者であるとは限りません。

中には、事前の話とは違うことでトラブルになるケースもあります。せっかく手軽に不用品を回収してもらうために業者へ依頼したのに、余計なトラブルとは遭遇したくないですよね。

この記事では、そうした不用品回収で起こり得るトラブルについて解説していきます。

不用品回収で起こり得るトラブルの例

不用品回収で起こり得るトラブルは以下の通りです。こうしたトラブルを避けるためにも、事前に業者への確認等はきちんと行っておきましょう。

キャンセルができない

不用品回収業者の中には「積み込まないと正確な費用がわからない」と言い、勝手に積め込んでから高額な費用を請求するというところもあります。

しかも、こうしたところはたいていキャンセルができません。

消費者の中には、積め込んだ後の費用を聞いて依頼するかどうかを決めたい方もいるでしょう。そうしたことをさせず、どんどん話を進めるためトラブルとなります。

さらに悪質なものになると、キャンセル料を請求されます。トラックに積んだ物を戻すだけなのにキャンセル料が発生するというのは納得できませんよね。

このキャンセル料が高額なために「結局高い費用を払うならキャンセルせずに不用品を回収してもらった方がマシ」と考えてしまう方もいます。

オプション料金が高額

違法な不用品回収業者は、無料で回収できるという言葉で営業を行い、作業後になにかと理由をつけてオプション料金を請求してきます。

例えば以下のような請求内容です。

  • 回収は無料だがリサイクル料金がかかる
  • 運搬費用が別途で必要
  • 量が多いので追加料金がかかる

こうした高額なオプション料金を勝手に追加してくることでトラブルとなります。

回収した不用品を業者が正規の手続きで後処理する場合、必ず費用がかかります。そのため、無料で不用品回収をしてしまうと業者に利益ができません。

それを考えると「無料で回収します!」という文言はかなり怪しいです。こうした追加料金によるトラブルを避けるためにも、無料の回収業者は使わないようにしましょう。

回収物が不法投棄されていた

回収した不用品は、業者が責任を持って後処理しなければなりません。しかしそうした義務を怠り、回収した不用品を不法投棄する業者もあります。

不法投棄は当然違法行為です。しかも、不法投棄をしたのが不用品回収業者であっても、責任は元の持ち主に問われます。自分の知らないところで行われた違法行為の責任を負わされたら、確実にトラブルとなります。