断捨離で洋服捨てるときの重要基準3つ&捨てることのメリット

ファッションに気を遣う人やなんとなく物を溜め込んでしまう人は、洋服の種類も増えていくもの。しかし、時間が経つにつれて頻繁に着る洋服は限られていきます。

だからといって、お金をかけた洋服を捨てることに乗り気ではない方もいるでしょう。着なくなったとはいえ、いざ断捨離するとなると手放したくないものです。

この記事では、そのような方に向けて、断捨離することのメリットや、上手に断捨離する方法などをご紹介します。

洋服を断捨離することのメリット

まずは、洋服を断捨離することでどのようなメリットがあるのかをご説明します。

服選びが楽になる

洋服が大量にあると毎日の服選びに時間がかかります。洋服の選択肢が増えるほど「あれもいいな。でもこっちもいいな」と目移りしてしまい、その日のファッションが決まりません。

しかし、洋服を断捨離し、本当にお気に入りのものだけを残せば、毎日の洋服選びがスムーズになります。コーディネートに頭を悩ませる回数も減るでしょう。

さらに、数が減ることで洋服の置き場所も把握しやすくなります。そのため、何かと忙しい朝の時間も有効活用できますね。

収納がスッキリする

今後着ない洋服まで保管しておくと、限られた収納スペースがどんどん狭くなってしまいます。いろいろな洋服が密着しているので、「どこにどの洋服があったっけ?」となり探すのも一苦労です。

とくに、洋服同士が密着しすぎると、自由な空間がなくなるのでシワになってしまいます。お気に入りの洋服はキレイなまま保管したいですよね。

洋服を断捨離すれば、不要なものに場所を取られないので収納がスッキリします。多少洋服を買い足しても、シワにならず余裕を持って保管ができますね。

1着1着に愛着が湧く

大量に洋服があると、すべてを丁寧に扱うのも面倒なので保管方法が乱雑になります。さらに「まだ洋服はあるし汚れてもいいよね」というように、1着に対する扱いも悪くなってしまうものです。

洋服を断捨離する際は、「これはまだ着るけど、こっちはもういらないかな」というように、自分に必要なものだけを残していきます。そのような手順で残した洋服なので、それぞれに対して愛着が湧きやすいです。

数も減らしているので、残りの洋服を乱雑には扱えなくなり、保管や手入れも丁寧になります。

断捨離で洋服を捨てるときの基準

このように洋服を断捨離することでさまざまなメリットがあります。それでは、実際に洋服を断捨離する場合、どのような基準で断捨離する洋服を選ぶべきなのかを確認していきましょう。

いつか着ようと思っている

普段から着ている洋服はそのまま保管しても大丈夫です。しかし「いつか着るだろう」と放置してある洋服は断捨離しましょう。

夏物や冬物など、シーズンが決まっているものはある程度保管せざるをえませんが、それ以外で「1年間着ていない」という洋服があれば断捨離の対象にすべきです。

同じ役割の服装がないか

人にはそれぞれ好みのファッションがあります。そのため、手持ちの洋服も自然と似てくるものです。

具体的には以下の面が似てきます。

  • デザイン
  • 素材
  • 色合い

このように、同じような洋服があまりにも多ければ断捨離しましょう。

気に入って購入したとはいえ、そんなに数が多くてもすべてを着ることはできません。お気に入りの洋服だけを頻繁に着回して他は放置、ということになってしまいます。

劣化してしまった服

収納スペースの奥で眠っていた洋服は、時間が経ち劣化していることがほとんど。

洋服は劣化すると以下のようになってしまいます。

  • 生地がヨレヨレ
  • 毛玉が大量に発生している
  • 虫食いがある
  • 落ちない汚れがある
  • 臭いが気になる

このような状態になった洋服を着て人前に出るわけにもいきません。思い切って断捨離をしましょう。

中には、劣化ではありませんが、体型が変わってしまい着れなくなった洋服もあります。そうしたものを保管しても意味がないので、断捨離することが大切です。

捨てずに売る方法も

上記のような基準で洋服を選べば迷わず断捨離できます。だからといってすべてを「捨てる」という必要はありません。

確かに、生地がヨレヨレだったり虫食いがあったりするほど状態が悪い洋服は、捨てることで断捨離すべきです。

しかし、洋服の状態が良好であれば買い取ってもらうことも視野に入れましょう。とくにブランド物の洋服であれば、意外と高値で買い取ってもらえる可能性は高いです。

捨てるのではなく「売って」断捨離することで、以下のメリットがあります。

  • 収納スペースがスッキリする
  • 手元にお金が増える
  • フリマアプリでは業者の買取価格よりも高値が買い取ってもらえることもある

買い取ってもらえそうな洋服があれば以下を活用してみましょう。

  • リサイクルショップ
  • 古着屋
  • ネットオークション
  • フリーマーケット
  • フリマアプリ

不用品回収ならすべてお任せできる

自分たちで処理できる量の洋服であれば、上記の方法を活用して断捨離をすると良いでしょう。買取を活用すればお小遣いもゲットできます。

しかし中には、自分だけでは処理しきれないほどの洋服が溜まっている方もいます。自治体に処分してもらうこともできますが、衣類の素材によって処分方法が違ったり、処分できる量が決まったりしているため面倒です。

不用品回収であれば、そうしたことを気にせず不要な洋服を回収してもらえます。指定した日時に自宅まで回収に来てくれるため便利です。しかも、洋服の状態が良ければ買取もしてくれます。

このように、洋服の回収と買取を一括で行っているため、手間をかけずに洋服を断捨離したい方は不用品回収業者の活用も検討してみましょう。